網膜硝子体手術

手術の痛み・麻酔

点眼による局所麻酔

網膜硝子体手術では、点眼麻酔と注射による麻酔を組み合わせます。

まず、点眼麻酔を行い、点眼の麻酔が効いた後に注射の麻酔を行いますので、痛みはほとんどありません。

網膜硝子体手術中の痛み

手術は局所麻酔下で行うので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。器具などがさわる感覚はあります。

 

手術中は患者さんご本人も話すことができます。

痛みを我慢すると血圧が上がり、出血し易くなるため、痛みをお伝えいただくことが大切です。もし痛みを感じた場合は我慢せずに「痛い」とお伝えください。

網膜硝子体手術後の痛み

麻酔が切れてきますと多少ゴロゴロ感が残る場合もありますが、痛みはまず無いので安心して下さい。

術後に痛み止めの薬を処方していますが、ほとんどの方は使用されません。