設備・機器紹介

機器紹介

眼科手術用顕微鏡

白内障から網膜硝子体手術まで、眼科のあらゆる手術において精密で精細な手術を可能にする大学病院クラスの顕微鏡です。

白内障手術装置

最新鋭の白内障手術装置を導入しております。手術中の眼内圧の変動を抑えることができ、目に優しい手術が行えるようになっています。

生体情報モニター

手術中の生体情報(心電図、呼吸、非観血血圧、動脈血酸素飽和度など)を正確に把握するための装置です。

マルチカラーレーザー

網膜へのレーザー治療装置です。糖尿病性網膜症や網膜剥離のレーザー治療ができます。

ヤグレーザー

後発白内障治療*、高眼圧治療に用いるレーザー装置です。 *眼内レンズを入れている膜(水晶体嚢)が濁ってくる病気

外来処置用顕微鏡

診察室に設置しており、外来での処置や簡単な手術などを行う時に使用します。

OCT

OCTとは、眼科領域の新しい検査で、目の奥の網膜の様子を断層的に見ることができます。主に網膜の断層像を撮るのに使われ、最近では機器の飛躍的な進歩により、緑内障診療には欠かせない検査です。

眼底カメラ

眼底カメラは眼の一番奥にある網膜を撮影する機器です。撮影した画像を診察室の液晶モニターで見ていただくことで、分かりやすく説明をすることができます。

角膜形状装置

角膜の形状を詳細に測定する機器です。白内障手術や屈折手術の術前診断、角膜形状異常の診断には欠かせない検査です。

スペキュラーマイクロスコープ

白内障手術前やコンタクトレンズ診療には欠かせない、角膜の裏側の細胞数を測定できる機器です。

オートレフケラトメーター

近視・遠視・乱視・乱視角度を瞬時に測定します。測定結果を元にメガネやコンタクトレンズを処方します。

大型弱視鏡

主に斜視の方に対して、角度、両眼機能を調べることのできる機器です。また、訓練に使われることもあります。

ヘススクリーン

眼球を動かす筋肉の機能状態を測定する機器です。複視や斜視等の程度を検査します。

ハンフリー視野計

ハンフリー視野計は、見える範囲(視野)や欠落部の有無、範囲を調べます。顔と目線を固定して一点を見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、ボタンで知らせます。緑内障診断や進行状態を把握するのに必須の検査機器です。

ハンフリーFDTスクリーナー 

緑内障の疑いを簡単に判別する機器です。視野検査は通常暗室での長時間の検査のため負担がかかりますが、暗室ではなく通常の照明の下で検査ができます。

ゴールドマン視野計

視野計は見えている範囲と感度を検査する視野計です。中心の固視灯を見ていただいた状態で、周辺から中心へ光を近づけて、見える範囲をお調べします。

スペースセイビングチャート

患者様の背の高さに応じてワンタッチで視線を合わせる機能を有しスムーズな検査を行うことが可能です。視標の切り替わりも早くストレスを感じることなく検査を受けて頂くことができます。

眼振計

眼球がけいれんしたように動いたり揺れたりする状態の場合に、眼振計によって眼球や瞳の動きの状態を確認します。

液晶視力表

多彩なチャート表で様々な視力検査が行えます。 大型ディスプレイにより低視力の患者様の心理的負担を軽減し、スムーズな検査が可能です。

視力検査用レンズ

視力検査で使用するレンズです。患者様にとっての一番いい視力を探します。主に眼鏡やコンタクトレンズを作成する場合に行います。

機器紹介

月曜日~日曜日・祝日も毎日診療

★土・日・祝は14時から18時までとなります。

  • 受付は9:40から開始いたします。

  • 休診日:なし

  • 年末年始、学会等で休診となる場合は、ホームページでお知らせ致します。

外出券の配布について

当院では、待ち時間を有効に利用いただくため、外出券をお配りしております。ご希望の方は受付までお申し出ください。また携帯電話での呼び出しも行っておりますので、ご遠慮なくご利用ください。近隣のクリニック様をご利用なさる場合はお気軽にお申し付け下さい。順番等は配慮させていただきます。

越谷駅前眼科 予約バナー
h_logo.png
〒343-0813 越谷市越ヶ谷1-3-8 メディニティヒルズ越谷3階

COPYRIGHT ©越谷駅前眼科. ALL RIGHTS RESERVED.