白内障手術

手術の痛み・麻酔

点眼による局所麻酔

手術前に点眼麻酔を行います。目薬なので針の痛みはありません。

麻酔方法が進歩したため、白内障手術では注射針で麻酔薬を注入する方法に代わり、点眼による麻酔を行う医療機関がほとんどです。

 

※眼の状態に応じて、注射による麻酔を選択する場合がございます。その場合は事前にご説明いたします。

白内障手術中の痛み

手術は局所麻酔下で行うので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。器具などがさわる感覚はあります。

 

手術中は患者さんご本人も話すことができます。