網膜硝子体手術

手術後の見え方

術後どれくらい見え方が回復するのか

見え方は疾患や進行度合いにより個人差があります。

白内障手術とは違い、硝子体の手術は、主に「失明の危険性を減らし、現在の網膜をこれ以上悪くしない為の手術」です。

そのため術後ご自身の納得のいく見え方ではない場合があります。

視力回復までに6~12ヵ月

手術の直後では、硝子体内に空気やガスを入れることが多いため、一時的に見えにくいと感じる方が多いようです。

網膜硝子体手術は、白内障手術よりも視力が回復するまでに日数が必要になります。

疾患によりますが、視力回復までには、6~12ヵ月かかるものもあります。

術後に感じやすい見え方の変化

術後すぐは、下記のような見え方の変化が現れる場合があります。
経過観察をしていくことが大切です。

 

  • 黒い輪のようなものが見える

  • 細かい点がみえる

  • 視界が揺れてみえる