網膜硝子体手術

術後・日常生活

網膜硝子体手術 当日の注意点

  • 眼帯は翌日の診察まで装着したままにしてください

  • 目を押さえない、こすらない

  • 洗顔・お化粧はしないでください

  • 処方された点眼を忘れずに行いましょう

  • アルコール・タバコは控えましょう

  • お風呂は手術当日は入れません

  • 新聞など細かい字を見ることは避けましょう

  • 激しく眼を動かさないようにしましょう

眼内にガスを入れた場合

硝子体手術で眼内にガスを入れる場合があります。 この場合、ガスが消失するまでうつむき、横向きなど、姿勢の制限がつきます。

ガスが残存している状態で、飛行機など気圧の低い場所に行くと、眼内のガスが膨張し眼圧が極端に高くなる危険がありますので、注意が必要です。

術後1週間は感染に要注意

  • 術後1週間は、傷口が閉じていません。

  • 眼をこすったり、眼に力を入れないようにしましょう。

  • 手を洗って清潔を保ちます。

  • きちんと目薬をさしましょう。

  • 異変を感じたら、当院へご連絡ください。

日常生活の目安

この表はあくまで目安です。

○は医師の許可がでてから行うようにしましょう。

網膜硝子体手術後に起こる可能性のある合併症

万一、合併症が起きた場合にはそれに対する最善の治療を行います。

術後3~7日頃に急に見えにくくなったり、強い痛みやひどい充血が生じた場合には、合併症の可能性がありますので、すぐに受診してください。

硝子体出血

手術後、硝子体中に出血を起こすことがあります。通常、出血は1~2 週間程度で自然に吸収されます。

それ以降も吸収されない場合は再手術が必要となります。

網膜裂孔・網膜剥離

硝子体手術は網膜のごく近くの操作が多く、硝子体の牽引に伴い、網膜を傷つけ穴があいたり、その穴から網膜剥離が生じたりします。手術中に生じた場合はその場で適切な処置をしますが、手術後に発生する場合もあり、その場合は網膜剥離を治すために再手術が必要となります。

増殖硝子体網膜症

非常にまれですが、硝子体手術後に悪性の網膜剥離(増殖硝子体網膜症)が起こることがあります。

この網膜剥離は増殖膜により網膜にしわができてしまい、手術でも治療が困難で、高度の視力障害をもたらします。硝子体手術後の失明の多くはこの病気の併発によるものです。

高眼圧

硝子体手術の後に一時的なの眼圧上昇が起こることがあります。多くの場合は点眼、内服などでコントロールできますが、長期間、点眼剤を使用しなければならない場合もあります。

血管新生緑内障

糖尿病網膜症の術後などに生じた新生血管が眼内の排水を妨げ、眼圧が上昇して緑内障へ進行する難治性の疾患です。

感染性眼内炎

手術の傷口から細菌が入り込み、眼内炎を起こすことがあります。 重症の場合、視力に影響を与える場合があります。

駆逐性出血

目の奥にある動脈から急激な出血が起こることがあります。発生頻度は10,000例に1回と言われています。

この場合手術を中止せざるを得ず、的確な処置によっても視力を失う可能性がある合併症です。

月曜日~日曜日・祝日も毎日診療

★土・日・祝は14時から18時までとなります。

  • 受付は9:40から開始いたします。

  • 休診日:なし

  • 年末年始、学会等で休診となる場合は、ホームページでお知らせ致します。

外出券の配布について

当院では、待ち時間を有効に利用いただくため、外出券をお配りしております。ご希望の方は受付までお申し出ください。また携帯電話での呼び出しも行っておりますので、ご遠慮なくご利用ください。近隣のクリニック様をご利用なさる場合はお気軽にお申し付け下さい。順番等は配慮させていただきます。

越谷駅前眼科 予約バナー
h_logo.png
〒343-0813 越谷市越ヶ谷1-3-8 メディニティヒルズ越谷3階

COPYRIGHT ©越谷駅前眼科. ALL RIGHTS RESERVED.